ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

2018-10-01から1ヶ月間の記事一覧

「ハロウィン・レポート」

『こんなに怖くないハロウィンは嫌だ!!』今日はハロウィンですね!と、思ってハロウィン映画を見てみたのですが...タイトルがハロウィン・レポートなのに、全然レポートになってませんでした。一体、何が起きたのかよくわからず。そもそも何か起きましたっ…

「岸辺の旅」

『本当にありそうな怖い話。』美しい夫婦のラブストーリーって思ったら違った。黒沢清監督の映画なんだから、普通の訳がない。いきなり帰ってきた夫。そんな夫を受け入れて、一緒に旅をする妻。夫婦とは何なのか。正解のない答えと生きるということの怖さが…

「ビジター」

『その意外性、遅い...。』この展開はよくあるんだけど...ラストまで見て、ちょっと面白いかもって思った。でも、途中が凄く地味で出来事も小さい感じに見えてしまうので退屈。あのオチの意外性を序盤から、うま~く醸し出せていたらかなり面白いホラー映画…

「えじき」

『私がこの映画のえじきになりました。』分かってましたよ。ジャケットからしてつまらなそうだもの。でも、見ちゃった~。寝ちゃった~。何回も戻って見るの、大変でした...悪いことしてきた後に、変な屋敷に身を潜める。その時点で相当怪しい。恐怖のタメが…

「殺人の告白」

『珍しく韓国の刺々しさが薄め。』 これのリメイク版が日本の「22年目の告白 私が殺人犯です」だ。 私は、日本版のあのピリピリとヒリヒリするシリアスさが好きだった。 一体だれが犯人で、真相は何なのか... 最後まで目が離せず、熱中した。 だからこのオ…

「コインロッカーの女」

『大人の階段を上ると殺されます。』 韓国ではヤクザ映画も壮絶。コインロッカーに捨てられ、ヤクザの女に拾われ裏社会で生きる少女。ちょっとした恋から、本当の自我に目覚める。ありがちなんだけど、韓国ノワールはきちんと残酷さがあって見ごたえがある。…

「コンフィデンシャル/共助」

『ヒョンビン、かっこよすぎやろ~!!惚れてまうやろ~!!の連続。』昔、韓国ドラマの「私の名前はキム・サムスン」にドハマリした。当時のヒョンビンもかっこよくてオレ様キャラが似合っていた。久々にこの映画でヒョンビンを見て驚いた!こんなにいい男…

「トレイン・ミッション」

『どこにいても追い詰められるリーアム兄さんの悪あがき!』 もう、リーアム兄さんは乗り物に乗ってはいけないと思う。 飛行機も電車もリーアム兄さんには危険だ。 今回も電車で通勤しているからこそ起きてしまった。 なぜ、普通に車で移動してくれないのか.…

「ランペイジ 巨獣大乱闘」

『どっちも巨獣じゃね?』いいですね!!とにかくでっかくなっちゃった系の映画って単純で癒されます。そもそも、ドウェイン様が巨大なので動物が巨大だからってどうってことないですね。安心感たっぷりで最後まで見れるアクションもたまにはいい。動物好き…

「ルイの9番目の人生」

「ルイの9番目の人生」 『この角度からって新鮮!』 毎年、命にかかわる事故に襲われる少年。 どうみても呪われている。 その真実に迫るうちに、色が変わっていく展開に唸ってしまった。 見終わってしまえば、普通のミステリーなのに... この角度からとは...…

「ジーパーズ・クリーパーズ 」

『怒るとプレデター顔。』アメリカの田舎道って長くて人気がない。だから、殺人鬼やら悪魔やらがいつもいる。こういうアメリカ映画ってとっても多い。これもよくある感じ。だけど、音の使い方や怪物の造形は私好みだった。っていうか、大分昔に見た『ヒュー…

「ピクセル」

ピクセル 『大人だからこそ楽しめるゲームムービー!!』 親子向けな映画かなって思ったけど、むしろ大人だけしかこの面白さは分からない気がする。 懐かしのゲームが世界を破滅させる。 ゲームをクリアしないと救えない、地球。 あ、あれも昔やったな~みた…

「毛皮のヴィーナス」

『魔女VS変態男の攻防。』驚いた!この二人芝居、すごい!レオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホの小説「毛皮を着たヴィーナス」を私は知らない。だけど、この二人の会話劇に引き込まれる。ベテラン二人の熟練された演技の競演。ロマン・ポランスキー監…

「高慢と偏見とゾンビ」

『恋愛作品にすら感染してしまうゾンビの普及具合が怖い。』恋愛小説の不朽の名作「高慢と偏見」。まさか、そこまでゾンビの手が延びるとは...ゾンビは果てしなく強欲(笑)意外にも時代劇にゾンビが登場するだけで、なんだかクラシカルで楽しい。特に、女性た…

「イコライザー」

「イコライザー」 『必殺!シリーズの藤田まことに見えました!!』 もっと早く見ればよかった~!! これは、必殺!仕事人じゃないですか~!! 藤田まことがいましたね!!(精神的に) デンゼル・ワシントン、めちゃカッケー!! 彼の仕事っぷりにうっとり…

「寝ても覚めても」

「寝ても覚めても」 『美しくて醜い...愛ってホラーだ。』 これは、キラキラした純愛ストーリーではない。 一つの絶対的愛を必死で手に入れようともがく、愚かで醜い男女の物語。 表面は美しいラブストーリーに見えても、本質はとっても怖いところにあった。…

「ミケランジェロの暗号」

『意外にも痛快なエンタメムービーだった!』 ナチスとかヒトラーが題材だと絶対にお堅い映画に違いないと思ってしまう。これも最初は時代背景とか戦争の話が入って来るので、そうかと思って見ていたら...ミステリーあり、騙し合いありの楽しいサスペンスだ…

「スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜」

『他人の不幸は蜜の味。』これはひどい...いろんなストーカー映画を見てきたけれど、これは気持ち悪い。虫攻撃に肌荒れ攻撃...女性だったら絶対にやめてほしいと思う仕打ち。誰にでも愛想を振舞って幸せそうにするのは、危険ってことですね。もしかして、実…

「インサイド」

『リメイク版としてはオフサイドや!』 あの傑作フレンチホラーの「屋敷女」のリメイク版。 と、思って見てはいけない。 宣伝でもリメイク版だということを強調していないのは、内容がオマージュ程度だったからかもしれない。 だってオリジナル版は、きっと…

「アラサー女子の恋愛事情」

『貧乳クラブ会員は必見だぞ!』 久々にキーラ・ナイトレイのラブコメ映画を見た。 キーラファンでギリギリアラサーである私は、これは見逃せないぞとさっそく見てみたのである。 私はてっきり崖っぷちのアラサー女子の話かと思った。 だって、アラサーの女…

「嗤う分身」

『もう一人の自分が教えてくれること。』ドッペルゲンガー映画は好き。自分ではない、もう一人の自分が現れるという恐怖。ただでさえ、自分のことが好きではないのにもう一人の自分が目の前に現れたら...私は、きっとギョッとして逃げ出すでしょう(笑)最初か…

「FRANK -フランク-」

『不完全な自分を愛すということ。』かぶり物を被って自分の顔を隠す男、フランク(マイケル・ファスベンダー)。そんな男に魅了されるジョン(ドーナル・グリーソン)。自分を隠すことで自分らしさを保とうとする。ちょっとヘンテコだけど、なんだか共感で…