ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

キャベジンが効かない「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」

今まで、色んな映画を見てきました。

 

どんなに下劣で残酷そうでも、興味があれば見てきました。

 

今回。

 

やっぱり、気づきました。

 

自分は女だってことに。

 

世の中には女が見てはいけない映画がある。

 

良さが分かるとしても、男にしかわからないジャンルがある。

 

あまりにも嫌いで記事にするのを避けていた「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」。

 

だが、それを超える「「セルビアン・フィルム」をうっかり見てしまったため....

 

先に「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」を仕方なく記事にします。

 

そうじゃないと胃の中が消化できそうにありません。

「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」


 
あらすじは...

新作執筆のため森の奥の別荘にやって来た小説家のジェニファーは、別荘に侵入して来た地元の男ジョニーをリーダーとした4人のグループに襲われてしまう。暴力を受けながら何度もレイプされたジェニファーは、男たちに射殺されそうになった寸前、川に身を投じる。しかし、死体は発見されず、彼女の消息は途絶えるが……。

 

 

 

 

嫌いな映画を記事にするのは、大好きな映画を記事にするのと同じくらい難しい。

 

途中で思い出すと吐き気がする。

 

こうなると、「ムカデ人間」はかわいいものだ。

 

今作は、1978年製作のカルトムービー「発情アニマル」のリメイク版。

 

そもそもこの題材をリメイクする神経。

 

高評価されてた事実。

 

キャッチフレーズ、「ケダモノとも、地獄へ堕ちろ。」

 

誰に言ってるんだ。

 

本当のケダモノは、どこにいるんだ。

 

全編、キャベジンを欲す。

 

 

 

暴力描写はなんともない。

 

というかそんなことは、もはやどうでもいい。

 

女として不快なのは、女を虐げるところだ。

 

究極に言うとサドとマゾの部分。

 

男と女は、基本どうしてもSとMの気質が本能的にあるというところは否定できない。

 

男は基本的にSであり、女はMである。

 

そうでないといけないのかもしれない。

 

だが、こういう映画にありがちな女は所詮Mを望んでいるだろうという描写。

 

男はそれを女が悦んでいると思っている。

 

それに興奮する男の構図が気持ち悪くて仕方ない。

 

もし、女がこの映画を絶賛できるとしたら相当のドM変態メス豚子だろう。

 

私がこんなにも不快だったのはS気があるからでしょう。

 

 

 

それに加えて何よりも理解できなかった主人公の女。

 

無意識に女は男を誘ってるという演出だったのかもしれないが、あんな無防備でバカな女はいない。

 

信じがたい苦痛を与えられているにも関わらず、動かない表情。

 

憎しみを感じているようには到底思えない。

 

色気のない体。

 

最初から最後までやられっぱなし。

 

こんな生っちょろい復讐劇で満足できるものか。

 

本当に殺る気があるのか、この女。

 

 

男より女にムカつくのは、女優の演技のせいか。

 

女優の想像力のなさに、置き場のない怒りが爆発する。

 

女をなめるなよと、この女に言いたい。

 

私がこの女だったら、男に死よりも怖ろしい苦しみを与えるだろう。

 

そんなの当たり前のことである。

 

確かに映画です。

 

つくりものです。

 

でも、女がこの映画のような女だと思われては迷惑。

 

男にはわかるのかもしれないこの映画の魅力。

 

一番怖いのは残酷描写や復讐劇なんかじゃない。

 

男と女の絶対埋まることのない未知の部分が一番怖ろしいのだ。

 

 

 

ちぶ~的女は絶対見てはいけない度5

本気で観ないでください。男性にしか見れない映画。男性でも受け付けない人、たくさんいるはず。