ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

熱望、ヘッドハンティング「ヘッドハンター」

行く前から会社を信用できない。

 

30歳を前にして仕事くらいは安定したい。

 

今までみたいに我慢しないで、どんどん切り替えていこ。

 

ということで、すでに受けようと思っている会社がある。

 

結果はどうなろうと挑戦は続けよう。

 

諦めたら終わるから。

 

 

「ヘッドハンター」のロジャーみたいな人にいい会社に引き抜けれたい。

 

引き抜かれたい衝動、MAX。

「ヘッドハンター」



あらすじは....

低身長のさえない風ぼうながら、優秀な人材を引き抜く敏腕ヘッドハンターとして名をはせ、誰もがうらやむような美女と暮らしているロジャー(アクセル・ヘニー)。しかし、彼女との豪勢な暮らしを続けるために、美術品を盗んでは生活資金へと変えていた。そんな折り、ロジャーは電子機器の分野で成功を収めた元エリート軍人のクラス(ニコライ・コスター=ワルドー)と知り合う。その高価な絵画コレクションの存在をつかんだ彼は、最後の大仕事としてクラスの屋敷に忍び込んでいく。だが、そこで人生最大最悪のトラブルに遭遇し……。

 

 

 

 

『ミレニアム』シリーズのスタッフ製作の割にユーモアあり。

 

この前見た、「エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~」よりは見やすい。

chiboo-horror.com

でも、普通じゃない。

 

北欧らしさビンビン。

 

普通のアクションサスペンスに飽きてる人にはもってこい。

 

 

 

 

 

 

北欧の男のくせに、チビ男子のロジャー。

 

北欧にチビがいるという不思議。

 

やはりそれがコンプレックスなロジャー。

 

真っ白でギョロ目の方がホントは問題だと私は思うけど。

 

仕事はデキてお金持ち。

 

女は自分のそういう魅力しかみてないと思っている。

 

とても残念なコンプレックスのかたまりGAY。

 

自分の自信のなさにどんどん足を引っ張られる。

 

そんな展開が妙に応援したくなる。

 

チビ男子必見のコンプレックス克服映画としても見れる。

 

 

北欧のような真っ白な爽快が広がる。

 

まだまだだよ、人生。

 

どう転んでも、今転んだだけ。

 

起き上がって進む時間はたくさんある。

 

どんなことがあっても止まっちゃもったいない。

 

そんなラストに思える。

 

かっこ悪くても、そのままの自分に自信を持とう。

 

自分は、自分しかいないんだから。

 

 

 

 

ちぶ~的ラブシーン度5

お国柄なのかなんか。エグイぞ、ヘッドハンター。背中が心配になる。