ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

「暗数殺人」

暗数殺人

 

『真実より証拠。』

 

 

本当にあった連続殺人事件がモチーフ。

 

韓国の司法はどうなっているんだと叫びたくなるくらい不条理。

 

日本とあまり変わらないかもしれないが...

 

時効なんて法律は、本当にいらない。

 

犯人は分かっているのに立件できない歯がゆさ。

 

法をすり抜けて、悪魔は生きている。

 

犯人に踊らされるキム・ユンソクと嘲笑う犯人を演じたチュ・ジフンの怪演が最後まで素晴らしかった。

 

 

これが、本当にあった話だなんて信じられない。

 

こんなに胸くそが悪くなる現実があっていいのだろうか。

 

結局、証拠がなければ犯人だと断定できない。

 

言い替えれば、証拠がなければ完全犯罪は成立するのだ。

 

被害者の家族の気持ちを考えると胸が苦しくなった。

 

人間の顔をした悪魔に、たまたま関わってしまっただけで奪われた命。

 

家族は、亡くなったと分かっていても帰って来るのではないかという希望を捨てられない。

 

 

日本にも暗数殺人は絶対にある。

 

死んでも分からない真実に、死ぬまで苦しめられる人がいる。

 

エンドロールの一文が心にズシンと重く残りました。

 

 

ちぶ~的真相度5

事件を憑りつかれたかのように必死に調べる刑事の執念がカッコよかった。

 

 

 

本日紹介した映画は......

暗数殺人(2019)

DARK FIGURE OF CRIME 

監督 キム・テギュン

暗数殺人
あらすじは...
恋人を殺したカン・テオ(チュ・ジフン)から計7人を殺したと告白された刑事のキム・ヒョンミン(キム・ユンソク)は、証言以外に証拠はなく警察内部で信じる者は誰もいなかったが、自白の内容は本当だと感じ、上層部の反対を尻目に捜査に乗り出す。やがて証言通りに白骨化した死体が見つかるが、テオは「死体を運んだだけ」と証言を覆す。
 
yahoo!映画より引用)