ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

空気を読むひと「愛を読むひと」

きゃぴきゃぴしてる女の人って苦手である。

 

女子力が高めの人って見てて引いてしまうのである。

 

自分が、カラッカラのサバッサバだから。

 

新人の人が意外に女女している人。

 

師匠に教えてもらってる間もやたら愛想がいい。

 

笑顔と笑い声がはじける。

 

繁忙期の今、私の空気とは大違い。

 

昨日は休日出勤をして、月末の仕事に超追われてる私。

 

そんな横で、「今日は疲れますね~」と昨日休んだ人に言われる。

 

弱音を簡単に吐けるってうらやましい。

 

空気を読めない人は時として得である。

 

 

こちらは愛を読んじゃう、「愛を読むひと」。

愛を読むひと



あらすじは...

1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会する。

 

 

生粋のロマンティックラブストーリーだとか思うでしょ。

 

綺麗でまぶしい少年時代の淡い恋。

 

そんな話だと思ったら大間違い。

 

痛々しくて、切なくて、どうしようもできなくて。

 

そんな時代に翻弄された男と女。

 

本を通じて愛を、事実を知る。

 

 

 

 

序盤のラブシーンの連続に胸焼け。

 

ハンナは純粋に少年のマイケルを愛してたのだろうか。

 

正直、そこは分からなかった。

 

彼女の愛は、埋められない虚しさをマイケルに向けただけのように思えた。

 

少年は純粋で無垢で無知。

 

だからこそあそこまで愛せた。

 

初恋は風化しない。

 

ハンナにとってはただの恋愛。

 

いつだって自分を忘れない女だったのだろう。

 

プライドと恥。

 

彼女にとってはそれがすべて。

 

それしかなかったのかもしれない。

 

少年の罪悪感がこの初恋を縛り付ける。

 

過ぎたことだと割り切れない。

 

人間は後悔する生き物なのだ。

 

そして、どうしようもできないことがある。

 

壊れてしまったものは、もう元には戻せない。

 

人生は不完全のまま流れていく。

 

生きることは難しい。

 

 

 

 

人に本を読んでもらう。

 

それは愛情表現の一つかもしれない。

 

物語を語る。

 

聞いている人に物語を与えるように。

 

愛を読む。

 

その時間は二人だけの世界に変わる。

 

そして、その時間は一生消えることのない永遠の初恋だったのだ。

 

 

 

ちぶ~的女々しい度5

よく言えば、一途。悪く言えば、しつこい男。奥さんになっちゃった人が一番の被害者。男の人はこんなにも昔の恋愛を大切にするものなの?