ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

ややメイク「ほぼトワイライト」

冬は肌が乾燥する。

 

ファンデーションを塗るとパサパサ。

 

時間が経つと、浮く。

 

もう、面倒。

 

肌に自信があるとかじゃなくて、ファンデーションを塗りたくない。

 

肌は日焼け止めのみ。

 

あとは、アイメイクしておけば十分でしょう。

 

ややメイク。

 

見た目しっかり。

 

所要時間15分。

 




こちらの「ほぼトワイライト」は、ほぼオモロイ。

ほぼトワイライト


 
解説は......

「トワイライト」シリーズのパロディを中心に、ヴァンパイアもののTVシリーズやハリウッド・ネタを散りばめ、ヴァンパイア青年と女子高生の恋を描いたコメディ。

 





私の中での傑作コメディシリーズ「トワイライト」。

 

同じ感覚の人が世の中にはたくさんいるらしい。

 

私みたいな輩が作ったと思われる今作。

 

本家を知らなければ意味がない。

 

こんなパロディが堂々とできるのは、本家が世界的に有名な作品だからこそ。

 

これを名誉と捉えるか、侮辱と捉えるか。

 

それは、本家をどのように見ていたかで決まる。






本物を見ていて笑ってしまった部分を見事に拾ってくれている。

 

元ネタを知っているからこそ、可笑しくてたまらない。

 

でも、ストーリーよりも俳優たちのユーモアに撃沈。

 

だって。

 

驚いたことに。

 

本物に見えるのだ。

 

エドワードもベッカ(本物ではベラ)も。

 

エドワードは、メイクだけでに頼らず顔がちょっとうまい具合に似ている。

 

遠目から見るとやや短足エドワード。

 

しかも、本物よりクセがないので気持ち悪くない。

 

 

似せてる時は、やはりキモイけど。

 

ベッカは、顔が似てないと思ったが.....

 

髪を耳にかきあげるシーンや、途切れるようなセリフの言い回しがそっくり。

 

角度や間が完璧。

 

二人とも、何をしてるんだ。

 

どんだけ研究したんだ。

 

その無駄に努力した感じ。

 

私、好きです。

 

そして。

 

ジェイコブ。

 

最初のロン毛は、本家に負けずウザかった...

 

でも。

 

 

途中から短髪になった瞬間、本物よりイケメン&いい体にノックアウト。

 

爽やかな笑顔。

 

こっちと交換した方がいいと思う。

 

 

 

アメリカのパロデイ映画に共通しているのは、下品路線ってこと。

 

今作は他のパロディ映画に比べたら少ない方だけど。

 

やっぱり、そこんとこは日本人には合わない。

 

というか、面白くはない。

 

アメリカ人じゃないと分からないジョーク。

 

ゴシップネタも日本人には厳しい。

 

それでも、たまにはこんなくだらない映画も必要。

 

パロディ映画だって映画。

 

ニセモノでも、ニセモノにしか創れない面白さがあるんです。

 

 

 

ちぶ~的大人の代弁度5

パロディなのに、結構売れたのは...みんなトワイライトを真面目に見てない証拠??