ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

ドーン!ハマリ「ビバリーヒルズ・コップ」

簿記の勉強しつつ、面白いドラマを発掘中。

 

毎度のことながらあまりないわけですが。

 

今期は、なぜか「お助け屋☆陣八」にドンハマリ。

 

時代劇をにおわす展開でコメディ調。

 

主演を演じてる宮川大輔がハマりすぎる。

 

お決まりの飛び込みシーン。

 

ドーン!がくせになる。

 

テンポもよくて見やすい。

 

疲れない。

 

キャスティングが素晴らしい。

 

水戸黄門みたいにずっとやってほしいくらい。

 

 

 

ビバリーヒルズ・コップ」も、ザ・適材適所な映画です。

ビバリーヒルズ・コップ



解説は......

エディ・マーフィ-主演による刑事アクション。幼なじみを殺害された黒人刑事アクセル。彼は上司の反対を押し切って、真相を暴くためロスへやって来る。そして現地の二人組の白人刑事を味方につけ、悪の組織を叩きつぶす……。

 

 

 

 

 

エディ・マーフィー、この頃から超安定。

 

この人がいるだけで面白い。

 

ストーリーも展開もアクションも普通。

 

なのに、何度も見れる。

 

万人受け間違いなし。

 

それって料理の上手な奥さんって感じ。

 

浮気しても、結局帰る所は奥さん。

 

平凡でゆったりしてて、居心地がいい場所。

 

そんな安心がここにもある。

 

 

 

 

エディ・マーフィー

 

あの喋り方、あの間。

 

鉄板。

 

壊れることのない彼のお約束。

 

基本、あのキャラはどの映画を見ても同じ。

 

おちゃらけてて、めちゃくちゃなことして。

 

だけど愛されキャラ。

 

どこが憎めない。

 

爆笑はしないけど、クスってニヤけてしまう面白さの連続。

 

人の心を適度に軽くする。

 

今作でもエディの魅力爆発。

 

ナーバスになりがちな今だからこそ、この穏やかさが心地いいのかもしれない。

 

 

 

しかし、原題もビバリーヒルズ・コップ

 

ビバリーヒルズだからいいものの.....

 

秋田だったら、アキタ・コップ......

 

それってどないやねん。

 

 

 

 

ちぶ~的刑事軽率度5

こんなんで刑事になれちゃう感じがアメリカのノリ。アメリカでは刑事にもトークの技が必要です。