ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

肩になんかいる!?「POV(ピーオーヴィ) ~呪われたフィルム」

休養中。

 

肩が痛い。

 

PCの見すぎか。

 

誰かが乗ってるような重さ。

 

霊感のない私には全く分からない。

 

仕事してないのに肩が凝るなんて。

 

呪いだろうか。

 

心当たりは.....


ある。

 

こっちが呪いたいくらいである。

 

 

「POV(ピーオーヴィ) ~呪われたフィルム」みたいに心霊動画でもつくって脅してやろうか。

「POV(ピーオーヴィ) ~呪われたフィルム」



あらすじは.....

同じ事務所の先輩と後輩にあたる志田未来川口春奈は、携帯電話用番組「志田未来のそれだけは見ラいで!」の収録現場に赴く。全国から寄せられた動画を紹介するその番組ではその日、実際の心霊現象を撮影した「心霊動画特集」の企画が進行していた。だが、春奈が通う中学校の「学校の怪談」のビデオを再生すると突如異変が発生し……。





とりあえず、流行に乗っかった一作。

 

POVってタイトルにまで入れちゃうお気に入りよう。

 

「パラノーマルアクティビティ」で再燃したモキュメンタリー。

 

パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」や「ノロイ」は、それを見事日本風にアレンジできた傑作。

 

もうやめておけばいいのに、またやっちゃう引き際の悪さ。

 

これ、なんですの?

 

ホラー、なめたらあきまへんで。






冒頭くらいですよ、演技してないように見えるの。

 

これ、演技に見えたらその時点で終わりなんですよ。

 

モキュメンタリーなんだから。

 

主演二人は、思いっきり演じちゃってる。

 

素でもなんでもない。

 

台本を読んでますって感じ。

 

自分たちの仕事を分かってない。

 

普通にADの北川さんの方が怖いわ。

 

なんだ、あの名演技。

 

「鍵開いてました」シーンにオドオド。

 

 

明るく喋ってくれ。

 

得体の知れない怖さ。

 

オカルティ北川。

 

あんたは、ADから昇進できるよ。

 

 

 

一応、お約束のタメからのびっくり展開はあることにはある。

 

でも、そもそも登場してくる幽霊に怖さも感じないからあんまりドキっとできない。

 

こう見えても怖がりの私は、タメのシーンを見ているときは力が入る。

 

が、しかし。

 

劇中の音よりもストーブの延長アラームにビビりました。

 

映画よりも延長アラームのタイミングの方が絶妙だった。

 

飛び跳ねた私。

 

つまらんホラー映画には優秀なストーブを。

 

つまらん日常にはホラー映画を。

 

あなたの後ろに....

 

ね?ホラっ。

 

 

ちぶ~的そもそも度5

その番組、絶対つまらんよね?むしろ心霊動画が本物で助かったと思うで。