ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

ハズレナイ「ストロベリーナイト」

恒例のリラっくじ。

 

今回は、ちょうどマグカップがほしかったので挑戦。

 

一回500円だし、ハズレくじがないのでいつもついやっちゃう。

 

期待しないで地味に引いたら......

 

まさかの壁掛け時計。

 

めっちゃ嬉しかったけどクールに受け取りましたよね。

 

 

くじもはずれなかったけど、大好きだったドラマシリーズ「ストロベリーナイト」の映画版もハズレナイ。

ストロベリーナイト



あらすじは....

警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と出会う。

 

 

 

 

映画版だからラブストーリーを入れるなんて、安直だ。

 

予告を見てそう思った人は私だけではないだろう。

 

でも、ご安心あれ。

 

これは恋愛とかじゃない。

 

刑事も人間。

 

愛は本能。

 

忍び寄る闇に揺れる。

 

 

 

 

姫川玲子。

 

女刑事。

 

ノンキャリで異例の若さで出世。

 

過去には秘密。

 

女と刑事と人間。

 

いつも真っ赤に染まる満月に怯えている。

 

演じる竹内結子

 

このシリーズを演じるまで、きれいだとも好きだとも思ったことがない。

 

か弱くて守ってあげたくなるような女性の役が多かった。

 

この役は全く違う、竹内結子の女優としての魅力を引き出した。

 

あの真っ黒な瞳。

 

弱さと強さが常に不安定。

 

過去に潰されないように必死に正義にしがみつこうとする姿に、圧倒される。

 

人間臭いキャラ。

 

不器用で不完全。

 

だけど、野生のカンと男に負けない強さで部下たちも絶対的な信頼を置く。

 

 

今回は、対極にいるような男と落ちてしまう。

 

本能が引き寄せた心の闇。

 

向き合いたくないと思えば思うほど惹かれあう。

 

血が求め合っているかのように。

 

野獣のように、ぶつかり合う。

 

それは破滅か、愛なのか。

 

理由が分からない糸に無意識のうちに結ばれる。

 

そこに行ってはいけないと分かっていても。

 

女として刑事として人間として。

 

見守るしかない菊田が切ない。

 

そこが胸キュンなんですけどね。

 

 

今回の”インビジブルレイン”。

 

見えない雨。

 

雨が上がれば見えてくる、本当の心。

 

止まない雨はない。

 

だけど、ストロベリーナイトはまだ終わってほしくない。

 

平日でも満員御礼。

 

それって珍しいではナイか。

 

 

 

 

ちぶ~的ナイスキャラ度5

とにかく生瀬さんのコメディセンス抜群!今まで演じたキャラの中で一番合ってる!お笑い担当!