ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

シャバの空気「ケーブル・ガイ」

シャバの空気はうまいって言うでしょう。

 

あれ、ウソだよ。

 

今日の空気なんて吸ったら凍りそうなくらいの気温。

 

なんだ、ここ。

 

秋田に飽きた。

 

こんなことなら刑務所の方がマシに決まってる。

 

頼むから、私を冷やさないでくれ。

 

 

 

「ケーブル・ガイ」もなかなかお寒い。

「ケーブル・ガイ」


 
解説は......

J・キャリー主演のサイコ・ムービー。不動産会社に勤める典型的なヤッピー、スティーブンは、新しくアパート暮らしを始めるにあたってごく軽い気持ちでケーブルTVの申込みをした。待つ事4時間。けたたましいノックの音と共にやってきたケーブルガイは、妙に馴れ馴れしい態度の変わり者。根がお人好しのスティーブンは、そのケーブルガイの好意を無下に出来ないと受け入れるが、それが彼の悲劇の始まりだった……。

 

 

 

満面の笑みに隠された狂気。

 

笑顔の人ほど怖ろしい。

 

そんなサイコホラーを期待した。

 

どうしたらいいんだ。

 

どっちなんだ、これ。

 

最後までジム・キャリーが寒々しい。

 

顔芸。

 

もういいかい。

 

 

 

ジム・キャリー

 

ストーカー化するケーブルガイ。

 

ハイテンションガイ。

 

突っ走りっぱなし。

 

ラソンのQちゃんより早い。

 

本人、全力なのに応援できないこの感じ。

 

これは、つまらない芸人がとにかく大声を出してみるのと同じ感覚なのか。

 

出た、出川。

 

もしや目指したのは出川哲郎だったのか。

 

リアクションはいいけれど、役には立たん。

 

迷惑男。

 

なぜあそこまでやったのに狂気が生まれなかったのか。

 

やはり、あの顔芸.....

 

やめんかい。

 

 

 

 

 

監督も脚本もジムを扱えていない。

 

ジムって子は、こういう風に使っちゃダメというお手本映画。

 

だから、どっちにしたかったんだよ。

 

最後まで見てもわからん。

 

面白さも怖さも湧かなかったのは、私がクールガイなんですか。

 

あ、女か私は。

 

ブログもダメだ。

 

もう、オワルカイ。

 

 

 

 

ちぶ~的失笑度5

あまのじゃくには合わない。別にジムの顔も面白くない。変顔は、バナナマンの日村さんのほうが格上。