ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

0時30分の出来事「シルク」

夜中の方が金になる虫が獲れる。

 

だから、最近は夜中にどうぶつの森に励んでおります。

 

昨日も必死で捕獲中.....

 

ドッカーン!

 

と、爆音......

 

虫が逃げるくらいびっくりしました〜

 

リアルポルターガイストですよ。

 

ただ単に、靴を積み重ねてたつっぱり棒が外れただけだったんですけど。

 

夜中に片づけるはめになったプー。

 

色々みじめであった。

 

 

 

「シルク」にも驚かされましたけどね、いろんな意味で。

「シルク」



あらすじは.....

天才物理学者の橋本(江口洋介)は、かつてさまざまな電磁波を吸収可能な“メンジャー・スポンジ”を発明する。その後彼は台北で研究班を組織し、廃虚の団地の一室で少年の幽霊を閉じ込めることに成功する。彼はまったく見当がつかない少年の過去を探るため、腕利きの刑事イエ・チートン(チャン・チェン)に協力を求め、捜査を始める。

 

 

 

 

江口洋介、アジア進出してました。

 

ちょっと英語話したり、台湾語話したり。

 

まぁ、基本的に日本語スタイルは崩しませんが。

 

堂々としております。

 

GyaO!で見つけた発掘ホラー。

 

駄作ホラーだと決めつけてみたらびっくり。

 

無料で観れるなんてお得。

 

う~ん、いい響き。

 

 

 

 

江口洋介演じた橋本。

 

死の世界に憑りつかれた天才物理学者。

 

幽霊になりたいがために奇妙な研究に没頭。

 

”びっこ”と言われるたびにカウンタでカウントするくらいの根暗クソ野郎。

 

そんなに死にたいなら一人で逝っていただけると助かりますね。

 

生きているだけで迷惑な奴。

 

見た目だけでなく、気味悪いおどろおどろしい心をうまく表現。

 

おかげで一つも感情移入できない。

 

そんで、主役じゃなくて元凶ポジション。

 

有終の美が空しすぎたところがいい。

 

 

 

チャン・チェン演じた刑事イエ。

 

交錯する死という選択。

 

苦悩する中で幽霊の少年に導かれる。

 

愛がある故の行動と結末。

 

じわじわですが、日本語も堪能で好感度大。

 

日本人受けしそう。

 

台湾俳優は、ほかにもチェン・ボーリンやバービー・スー、チャン・チュンニンなど意外と豪華。

 

台湾ドラマ好きな私にはおいしい発見。

 

女優を全くキレイに撮ろうとする気がないところに感心。

 

 

 

設定がいい。

 

無理やりだけど。

 

科学と非科学の融合。

 

幽霊の生態に迫るところもいい。

 

変に納得してしまう。

 

江口洋介があんなに胡散臭いのに。

 

 

ホラーというよりサスペンス。

 

怖いというより悲しい。

 

もっと驚くのは少年よりその母ちゃんの方がしつこい。

 

あまりにも出現するので楽しい。

 

そして、母ちゃんは情に厚いのだ。

 

......

 

ってホラーなんですけど。

 

私はキレイにする必要はないと思うんですけど。

 

確かにうまくまとまりましたけどね。

 

江口洋介.....

 

ブレない男。

 

いい仕事してます。

 

お手本にしよ。

 

 

 

ちぶ~的そんなに!?度5

顔、白塗りしすぎると俊雄君の二番煎じにしか見えなくなる。俊雄君は白塗り界のスターです。