ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

かぶってます!猫を!「ニューヨーク1997」

続・放置プレイ。

 

分かんないから、ガンガン聞く。

 

相手がえらいとかそんなの関係ない。

 

私は、分かんないんだよ。

 

3日でなんでもできる天才ではない。

 

周囲の人間に仲間意識というものは存在しない。

 

もしかして、どうでもいい仕事だからなのかもしれない。

 

きっと興味がないのだ。

 

先がないのに、こんな思いをして働く。

 

せめてどちらかがあれば、ここまで空しくならなかった。

 

本来の自分と全く違う顔をして仕事をする。

 

まるで、着ぐるみ。

 

なんだ、コレは。

 

化けの皮がはがれたとき、痛い目に遭うのはどちらだろうか。

 

 

ニューヨーク1997」のように得るものがあるのなら、やる気が出るというのに。

 

私にあるのは、テメェ、コノヤロー精神だけである。

ニューヨーク1997

解説....

近未来、巨大な刑務所と化したマンハッタンに大統領専用機が墜落。元特殊部隊出身で終身刑のスネーク(カート・ラッセル )は恩赦と引き替えに大統領救出に向かうが、残された時間は24時間しかない……。特撮スタッフにジェームズ・キャメロンが参加している事でも有名。

 

 

 

 

これぞB級映画

 

チープでゆるくて無理やりで。

 

それでいいんです。

 

眼帯のカート・ラッセルが出てくれば、それだけで絵になる。

 

変な奴がいたり、ちょっと揉めたり。

 

クセになる世界観。

 

ジョン・カーペンターがまた好きになりました。

 

カート・ラッセルの男らしさがたまらない。

 

筋肉美もだが、眼帯ルックに萌え。

 

変わらない。

 

何も変わらない。

 

そこがすごい。

 

声のトーンも演技も同じ。

 

いい男はブレない。

 

常に渋く、とりあえず拳銃を持って移動する。

 

ハードボイルドなのだ。

 

構えている姿が様になっているだけで、いい映画をみた気分。

 

ジョン・カーペンダーは、キャラ作りがうまい。

 

きっとマンガ家にもなれる。

 

冒頭にヘリコプター。

 

それは壮大なスケールを想像させる。

 

だからこそのご近所トラブル的な広さしかない展開にニヤリ。

 

ヘンテコキャラには愛を感じる。

 

結局グダグダなラストに、スネークが去っていく姿は圧巻。

 

かっこつけるってこういうことをいう。

 

最後まで見る者の期待を裏切らないサービス精神に感謝。

 

 

スネークがそうであったように、仕事はお金じゃない。

 

そこには、やりがいがほしい。

 

私でなければならないゆるぎないものがほしい。

 

いつかきっと.....そんな仕事をしてみたい。

 

どんなに小さくてもいい。

 

愛が、魂が必要なのだ。

 

 

ちぶ~的こだわり度5

名前にも眼帯にもこだわってるこだわってる。そんな男は決まって女には弱い。