ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

朝から出すか「デアボリカ」

なんだかね。

 

朝一で通勤途中に見たくないものを見まして。

 

何かと言いますと、立ちションしてるおっさんなんですけどね。

 

雪で隠してましたけども。

 

秋田ならでは感をそんなところで感じたくないし。

 

後ろで私、見ちゃいましたから....みたいな。

 

どうせなら全開にしといてください。

 

朝からその光景が焼き付いてしまって、どうも気分上がらなくてですね。

 

 

なんだろう。

 

あぁ、見ちゃったみたいな感覚。

 

デアボリカ」もその感覚そのものでしたよ。

デアボリカ



解説....

世界的大ヒットを飛ばした「エクソシスト」に続けとばかり製作されたマカロニ・ホラー。悪魔に魅入られ、赤ん坊を孕まさせられたJ・ミルズが、リンダ・ブレアそこのけの汚れ役を演じ、そこに悪魔の使徒となったR・ジョンソンがからむという物語。

 

 

 

 

 

マカロニ・ホラーってだけで満足してしまう。

 

だってやっぱりイタリアのホラーはアートだもん。

 

思いっきりパクり映画ですけど、マカロニだから成り立ってる。

 

エクソシストローズマリーの赤ちゃんを合わせて汚しました。

 

衝撃の連続。

 

パクり映画の金字塔.....

 

かもしれん。

 

 

 

 

 

こんなにもパクっていると思わなかった。

 

イタリアってのは大胆だ。

 

訴えられるレベルに達している。

 

ストーリーはなんだかんだでかみ合わない。

 

ラストもホラーらしく、してやったり感があるが実は全くやってない。

 

そもそも、ストーリーは主軸じゃないのでいいのでしょう。

 

 

見せ場はやはり、うつ伏せエクソシスト

 

起き上がらずに、首を回してみせるという斬新さ。

 

怖がらせようとしているのか笑わせようとしているのか。

 

意図が見えないのが怖い。

 

そして、何よりもバッチィのである。

 

本家エクソシトよりも数倍も汚い代物を吐く。

 

エクソシストのような透き通った緑色ゲロではない。

 

何を混ぜたのか.....

 

言葉にはできない色である。

 

もう、やり放題。

 

J・ミルズの女優魂と顔芸、すごし。

 

急にバナナを拾い食いするときの顔。

 

変な装置で検査されるときの顔。

 

ヒステリックになって狂い出すときの顔。

 

とにかく奇怪。

 

やりすぎて笑うことしかできない。

 

キルスティン・ダンストに似すぎているので余計おかしい。

 

 

フューチャリングを間違ったらこうなる。

 

もはや、狙ったのかもしれない。

 

一番憑りつかれてるのは、こんな映画を楽しめる私。

 

ホラー病が慢性的。

 

デアボリカ

 

ノッってるか。

 

そんな気持ちで見る映画です。

 

 

 

ちぶ~的育児放棄度5

そんなに悪魔の赤ちゃん的な予兆がない時から堕ろしたがる&子供に当たりまくる母ちゃん。それって本当に悪魔のせいなのか。