ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

それは救いか罰か?破天荒すぎるタイホラー映画!「カウントダウン」

「カウントダウン」

キリスト教絡みとしたら、乱暴すぎん?」

 

⭐️作品情報

本日の映画🎞️※Filmarks引用 

鑑賞媒体:Amazonプライム

カウントダウン(2012年製作の映画)
COUNTDOWN
製作国:タイ

上映時間:91分
監督 バズ・プーンピリヤ
脚本 バズ・プーンピリヤ

 

キャスト
パチャラ・ジーラティワット

ジャリンポーン・ジュンキアット

パッタラサヤー・クルーアスワンシリ

デイビット・アサバノンド

⭐️ちぶ〜的評価

🐽1ブヒ(お眠りちぶ〜)

⭐️ちぶ〜的おぼろげなあらすじ…

ルームシェアをしているカップルとその友人の3人が、新年のカウントダウンにドラッグを楽しもうと売人に頼む。だが、ドラッグを届けに来た男ジーザスの登場で状況は一気に悪化し最悪の事態に!

⭐️キリスト教と仏教の間で...

新年に向けてハメを外そうとしたら、やばい奴が来た!

っていうのはありがちだし分かってた。

しかも名前がジーザス...

見た目も思いっきりアメリカ人のキリスト風w

なんかな〜と思ったら、完全に説教じみたスリラーでした。

タイは仏教のイメージが強いのに、なぜジーザスにしたのか...

わざとアメリカ人っぽい人にして、異文化を入れることで異質感を出したかったのかもしれない。

それにしても...

上手くまとめているようでごちゃごちゃしてた...

水と油って感じで全然混ざりませんでしたね。

⭐️苦痛すぎた責め!

なんかジーザスがいかにもって感じの演技で疲れるんですよ。

ただ大きい声を出して責め立てる。

痛々しい攻撃も、痛いっていうよりうざくって。

私は、この映画を全て見終わるまでに2週間かかりました...

途中まで観て、また観る気になるまで時間がかかった。

ちょっと苦痛だったんだよなぁ。

だから、文章も出てきませんw

⭐️テーマは罪と罰

なぜジーザスが現れたのか。

人間の本性は表面的に付き合っている限りは見えてこない。

この映画みたいに極限状態にならなければ、口を開かないかも。

それにしたって全員クソだったけどw

誰もが皆、サイズは人それぞれだけど罪は犯しているでしょう。

もっと言えば、人間は生きているだけで罪人とも言いますから。

ちょっと嘘をついた。

自分を守るために誰かを犠牲にした。

事実を受け止められなくて逃げた。

...とかね。

でも、いつかは絶対に罰は回ってくる。

大きければ大きい程に。

良いことも回ってくるけれど、決して見返りは求めてはいけない。

見返りを求めてしまった時点で良いことが逃げてしまうから。

あのカウントダウンは、ハッピーエンドでしょうか?w

なんか、良い話風にするべきではなかった気がしますけどね...