ホラー映画さえあれば!

映画漬けのちぶ〜が、映画を観たら例えつまんなくても!イラスト付きで映画レビュー(ホラー寄り)をアップしてます!週末はホラー特化ブログや映画関連の記事も!

レジャバ大使も鑑賞済!?私が好きな国、”ジョージアと映画”特集!

レジャバ大使も鑑賞済!?私が好きな国、”ジョージアと映画”特集!


私ごとですが、もうそろそろ誕生日...

大人の階段の〜ぼる〜なのです。

この年になると、めでたくもなんともありませんが。

せっかく誕生日も来ることだし、私が個人的に好きなことを紹介したい!

と、思ってすぐ頭に浮かんだのが「ジョージア(国名)」です。

なぜ、ジョージアなのか。

ジョージアについて&ジョージア映画についてもご紹介したいと思います。

誕生日だし!お付き合いくださいw

⭐️ジョージアって?※Wikipedia参照

ジョージアって言われて、すぐ「あぁ、元グルジアね?」と言ってくれた人は今まで1人くらいしかいません。

大抵、「缶コーヒー?」って言われる(笑)

でも、「元グルジアジョージア!」っていうと何人かは「あぁ!グルジアね!」と言ってくれる。

それでもやっぱり知名度は低い国かもしれません。

ジョージアの規模は?

69,700km(日本の5分の1)で人口は370万人ほど。

その内、ジョージア人は約8割!

でも、アゼルバイジャン人、アルメニア人、クルド人等々さまざまな民族が住んでいるよう。

ジョージアの位置は?

ユーラシア大陸の東端に位置し、南コーカサス地域に属する国!ヨーロッパとアジアの境界にある。北側がロシア、東側にアゼルバイジャン、南側にトルコとアルメニアに接していて西は黒海!地理から分かるように、色んな文化が入り組んでいて面白いんです。

ジョージアはココ!

首都はトビリシであり、歴史的建造物も多い。美しい景観や古い街並みが特徴!

ジョージアの文化って?

ジョージアの歴史は古く、多様な文化や民族が交流してきた。1991年にソビエト連邦から独立を回復し、独立国家としての歩みを進めている。

音楽やダンス、料理などが豊かで知られ、特にワインやチーズ、伝統的な料理が愛されています。ジョージアワイン発祥の地と言われ古代から造られており、伝統的な製法であるクヴェヴリで醸されることが特徴的。

ジョージアには美味しい食べ物がたくさん!

私が主に好きなのはこの3つかなぁ。

他にも色々あります!

シューマイみたいなヒンカリとか!(まだ食してないので食べたい!)

チャカプーリとか...どれも美味そう!

 

私が大好きなハチャプリ!

ハチャプリ:地域によって色々な形があるらしい。簡単に言うと、チーズ入りパンで濃厚。

ハチャプリ

 

松屋で期間限定メニューにもなったシュクメルリ!

シュクメルリ:鶏肉をガーリックソースで煮込んだもの。ガーリックが効いていて酒に合う!スパイスがちょっと独特なんだけど、クセになる美味さ!

シュクメルリ

 

ハルチョー:牛肉と米、スパイスが入っているスープ。体に良い感じ!

ハルチョー

 

あと、なんと言ってもワイン!

伝統的なクヴェヴリ製法でワイン発祥の古来より受け継がれてきた製法らしいです。

ジョージアワイン

野生酵母による無添加ワインのため、自然派の人たちにもウケ世界でもトレンドになっているそう。

飲んでみれば分かる!

本当に美味しいんですからぁ!

⭐️私がこの国を好きになった理由

ジョージアと言えば、この方!

 

ティムラズ・レジャバ駐日ジョージア大使です!

ティムラズ・レジャバ駐日ジョージア大使

私がジョージアを好きになったきっかけは、レジャバ大使のTwitter...いや今はXね!

「親戚の少年」シリーズの投稿にハマってしまったw w

ティムラズ・レジャバ駐日ジョージア大使の親戚の少年

大使は日本語が日本人よりペラペラ。

ユーモアがあって、インフルエンサーとしてのレベルも高い!

大使とは思えない程の投稿量!

本も出版していて、もちろん私も熟読しました。

『大使が語るジョージア 観光・歴史・文化・グルメ』!

『大使が語るジョージア 観光・歴史・文化・グルメ』!

 

最近、新しい本も出版されましてこちらも購入予定!

ジョージア大使のつぶや記』!

最初は、大使の面白い投稿をニヤニヤしながら読んでいただけでしたが...

ジョージアのワインと美味しそうな食べ物に惹かれ...

食べたい!となり、興味が深まっていって...

ジョージアという国そのものが好きになってしまいました。↓持ってるw

ジョージア語も勉強しようと本を買ってみたりw w↓持ってるw

多分、言語を学べる本はコレしかないかも?

いつか旅行に行きたいと本を買ってみたりw w↓持ってるw

流石に軽い気持ちで行ける場所じゃないので、今は難しいですが...

いつかは絶対行きたい国、ナンバーワンです!

私の記事で初めてジョージアについて知ったという方は、ぜひレジャバ大使のXや著書をチェックしてみてください!

見るだけで、私が好きになった理由が分かると思います。

⭐️ジョージア映画をご紹介

もちろん映画もありますよ!

小さな国ですが、やはり色んな文明が交差している国のため映画も独特です。

どの国にもない空気を感じられます。

時には合わない映画もありましたがw

それも良きです。

今回は、ジョージア映画を5本ご紹介します!

まずは...

ジョージア映画界の巨匠オタール・イオセリアーニ監督作品「田園詩」

田園詩

chiboo-horror.com

トビリシ出身のジョージア映画界の巨匠であるオタール・イオセリアーニ監督は、旧ソ連下で映画を公開できなかったためフランスに移住し制作活動を続けていたようです。

田園詩は、まさにジョージアの日常の風景が描かれていて...

日本で言うと小津作品のような趣がありジョージアの文化を感じることができる作品。

私は、特に近所の人達と一緒に合宿しにきた音楽隊の若者たちと歓迎会をするシーンが大好き(笑)

ジョージアの伝統的な儀式スプラを見れるんだけど、ベロベロになったおっさん達のおもてなしがオモロすぎるんです(笑)

白黒映画だし、全体的に静かで何も起こらないんだけどすごく心がポカポカする作品ですね。

※【スプラとは...】参加者がワインで乾杯をしながら自分の話を語ったり今までの経験を話したりして音楽やダンスを披露するというもの。タマダという宴会部長が全てを仕切ります。地域によっても色々あるようですが、なかなかハードな儀式ですw w

・独特すぎる!?伝統舞踏で青春を感じる「ダンサー そして私たちは踊った」

ダンサー そして私たちは踊った

chiboo-horror.com

戦争に長年翻弄された国ということもあり、伝統舞踏はかなり強そうw w

本当に戦いの舞い!って感じです。

内容は、ダンスを通じて少年の甘酸っぱい青春を描いているのですが...

意外とグッとくるものがあって、その中でもやはりダンスシーンは印象的でしたね。

ちなみに、ダンスもそうですが民族衣装もかっこいいんですよ。

レジャバ大使が着用した写真がスター・ウォーズみたい!と話題にもなりましたが...

本当にそうなんですよ。

調べたら「風の谷のナウシカ」の衣装のモデルにもなっていたようです!

民族衣装も色々あって楽しいですね!

・美しいジョージアと摩訶不思議映画「ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう」

ジョージア、白い橋のカフェで逢いましょう

chiboo-horror.com

コラボ企画でジョージアオンラインツアーにも参加したんですよ。

ジョージアの風景をリアルタイムで映像だけだけど、旅行できて凄い嬉しかった!

でも...

映画はかなり難解...

というか不思議すぎる!

150分という長尺の中で、ジョージアという国の苦悩をひたらすら悶々と考えてしまう...

内容はおしゃれなラブストーリー風でしたが、結局ホラーだったのかも?

と、思いましたw

ぜひ、誰かに鑑賞していただいて解説してほしいです!

ジョージアホラーはコレ!「247°F」

247°F

chiboo-horror.com

11年前に観た映画なんですが、なんか覚えてたんですよ。

本当にワンシチュエーション!

当時の表記はグルジアになってますが...

タイトル通り、華氏247度のサウナに閉じ込められる!

熱い!

それだけ!

喉が渇くので、夏に突入する前に観ないとマジで危険な映画ww

何気に実話なので、そこは怖い!

247゜F [レンタル落ち]

247゜F [レンタル落ち]

  • スカウト・テイラー=コンプトン
Amazon

 

ジョージアワインを堪能したいなら「ジョージア、ワインが生まれたところ」

ジョージア、ワインが生まれたところ

chiboo-horror.com

ジョージアの伝統的なワイン製法が見れる!

ドキュメンタリーなので、本当に勉強している気持ちになる。

ジョージアの美しい風景も見れるし、生活を垣間見れるのも興味深い。

とにかく、ワインが飲みたなる!

そして、映るたびに絶対に美味しいってわかるんだよなぁ。

⭐️いつか私は...

今はまだロシアがウクライナと戦争中ということもあるけど...

何よりも旅費が高い!

円安早う終われ!

大体安くても15万円以上で、日本からの直行便はない。

必ずドーハかイスタンブール経由になる。

フライトは15時間以上かかるらしい!

でも、行きたいぃ!!

グルジア語は全然覚えれてないけど、

ガウマルジョス!(გაუმარჯოს!)※乾杯とか、勝利をという意味の挨拶

は分かるw w

どこの国にもない、ジョージア独自の文化は私にとっては憧れです。

あの美しい本物の景色を見たら、きっと死生観すら変わりそう...

しばらくは日本でジョージア探しをし続けようと思いますが...

いつかきっと、お金を貯めて行く気でいます。

 

今回は長文となってしまいましたが、誕生日が来るので許してくださいw

※今まで自分が調べたことを記事内容にしましたが、もし誤り等ありましたらご教授いただけると幸いです。

好きなことを思う存分語れて満足です!

それでは、私の今後にガウマルジョス!(გაუმარჯოს!)